酵素ドリンクといえば、最近話題のダイエットに用いられる飲み物です。

ただし、ダイエットに使える飲み物と言っても
食べたものを急速分解してなかったことにするような
魔法の飲物では酵素ドリンクはありません。

ダイエットの根幹としては、バナナやリンゴと同じく
酵素ドリンクを食事と置き換えて体重減少を目指すものです。

もちろん置き換えて飲むものですから
酵素ドリンク自体にもカロリーは存在しますが
食事と比べれば段違いでしょう。

ダイエットに用いる目的が置き換えだけなら
別にそれが酵素ドリンクである必要はありません。

ポイントは、ずばり名前からも分かるように酵素を摂取するという事です。

因みに、置き換えダイエット専用の飲み物ではありませんから
酵素ドリンクを飲んで腹が膨れるという事はありません。

酵素ドリンクは、主に野菜や果物などを発酵させてできた
発酵エキスの事を指します。

水だけで発酵させるものもありますが砂糖を触媒に使うものが多く
そのため酵素ドリンクは甘味を感じるものが多いです。

甘味といっても砂糖直接の甘さではなく
酵素ドリンクができる段階で砂糖が分解され
ブドウ糖に変わった事による甘さです。

ベースが野菜であり、かつ発酵させた液体を飲むために
低カロリーが実現しています。

置き換えの時のカロリーの事まで気にするなら
酵素ドリンクを自分で作ってみるのも良いかもしれませんね。

発酵というと難しそうに感じるかもしれませんが
やり方さえ知っていれば酵素ドリンクは簡単に作る事ができます。

市販品の中には添加物を加えたり成分が良く分からなかったりと
あやしい酵素ドリンクが少なからず存在します。

その点、自分で作るなら何が入っているかを完璧に把握できるので
安全安心な酵素ドリンクを飲むことができるのです。

酵素ドリンクの作り方は至って簡単で
材料は清潔な瓶とメインになる食材そして水と砂糖だけです。

放っておくだけで勝手に発酵が進み、1週間もあれば完成するでしょう。

比較的時間のかかるものなので
日常的に飲み続けていこうという方は
酵素ドリンクを購入する方が楽かもしれません。

酵素ドリンクを購入する際には
カロリーだけでなく成分として何が含まれているかを
しっかり確認しておきたいですね。

酵素ドリンクはカロリーが低いといっても間違いなく存在しますから
水のようにガブ飲みする事は勧められません。